スズキ GN125HとGN125-2F

こんにちは! 京都市伏見区のバイク屋、モトワークス伏見です。

先日、SUZUKIのGN125-2Fを納車しました。ご購入ありがとうございました!

125CCのクラシックなスタイルのマニュアルミッション車です。なかなか味わい深いバイクですよ。

 

リアボックスの装着をご要望いただきました。いい具合に色が合っていますね。

 

モトワークス伏見は、GN125HとGN125-2Fの両方を取り扱っています。それぞれの微妙な違いをご案内します。

 

以下の画像は、左側がGN125H、右側がGN125-2Fです。

ボディカラーは、画像では色合いが異なっていますが、実際にはほとんど同じように見えました。撮影時の光の具合による写真写りの違いであるとご理解ください。

 

タンクのグラフィックの色に違いがあります。GN125Hの内側のラインの色はピンク、GN125-2Fの内側のラインの色はシルバーです。

 

ヘッドライトもご覧のように異なります。今回の納車車両は高効率バルブに交換しました。

 

テールランプはGN125Hは四角くて大きいです。GN125-2Fは小さくて丸みを帯びています。ウインカーも小さいです。

 

キャリアはご覧の通り。

 

フロントブレーキは、GN125Hが1ポッドキャリパー、GN125-2Fは2ポッドです。

 

シフトペダルは、GN125Hは通常のタイプ。GN125-2Fはシーソー式です。ステップは、GN125Hは可倒式、GN125-2Fは固定式です。

 

GN125Hに燃料計はありません。GN125Hは装備しています。

 

GN125Hは一つのスイッチでウインカーとヘッドライトの上向き下向きを操作。GN125-2Fはそれぞれ別のスイッチになっています。GN125-2Fはチョークのレバーが手元に付いています。

 

こちらの画像はGN125Hのマフラー。メッキ仕上げです。

 

GN125-2Fのマフラーは黒のつや消し仕上。メッキのガードが付いています。

 

GN125-2Fにはエンジンガードが標準装備。かなり大きいです。

 

GN125-2Fにはキックスターターが付いています。

 

下の画像は、GN125Hのハンドルロックの鍵穴です。エンジンを止めたら、キーを外して、この鍵穴に入れてロックしないといけないので手間がかかります。GN125-2Fはイグニッションと一体になっているので楽です。

 

下のタイヤはGN125Hです。チューブ式です。GN125-2Fはチューブレスタイヤです。

 

現在、モトワークス伏見ではGN125Hの黒と赤を展示しています(GN125-2Fは展示はしていませんが、ご注文を承ることは可能です)。お気軽にお越しください。

 

===========
京都市伏見区のバイク屋
モトワークス伏見
TEL:075-622-3121
===========

[P]:コインパーキング(ご来店中の駐車代金は当店が負担します)

地図350